ニキビと身だしなみ

ニキビと身だしなみの関係 部屋の中を清潔に保つことも大切ですが、体自体を清潔にしておくことはもっと重要です。  

何日もお風呂に入らず、汗をかいてもそのままにしておくなど、そんなことをしていれば治るはずのニキビやニキビ跡は悪化していく一方です。

  注意すべき点をあげると、まずは体を清潔に保つことです。汗をかいたらしっかりと洗い流すことが大事です。

  特に夏場はたくさん汗をかくので、外出時にもタオルや汗拭きシートなどを持ち歩くなどして、汗をかいたらそのまま放置しないようにしましょう。

  毎日お風呂(シャワー)に入り、肌をいつもきれいな状態にしておくことが大切です。

  また、髪の毛を洗った後、濡れた髪が肌に触れないようにタオルで覆うなどします。

  男性の場合、ひげはしっかり剃るようにします。ニキビができている場合は、無理に剃ってニキビが悪化しないように注意してください。

  この他にも外出する際の日焼け、紫外線対策をしっかりすることやメイクをする場合は、油性のファンデーションや油分の多いクリームなどを使用するのはなるべく避けます。

  なぜかというと油分が皮膚呼吸や皮脂の排出の妨げになるからです。ニキビがひどい場合は、薄めの化粧やポイントメイク程度にしておくのがいいでしょう。

  しかし、長時間メイクしたままでいることは肌にとっていいことではありません。毛穴をつまらせ、メイクを落としたつもりでも毛穴に汚れが残ってしまいニキビが出来やすい状態をつくる原因にもなりかねません。

  額にニキビが出来てしまうと、前髪で隠そうとしたりしてしまいがちですが、これもニキビを刺激して悪化させる原因となります。髪の毛がニキビに触れないよう、ヘアスタイルにも気をつける必要があります。

  少し話が変わりますが、身だしなみと言えば、見た目だけではありません。臭いもそうです。変な臭いが体臭からすると・・・どうでしょうか。

  いくら見た目が美しくとも、来ている洋服が美しくとも、立ち振舞が美しくとも、変な臭いがすると全てがパー。

  そうです。終わりです。

  そこでわたしたちが気にしないといけないのが、体臭なのです。体から変な臭いがする、と言う人はクイックダッシュを絶対に手に入れましょう。 << ニキビと食生活

コメントを残す